しょうがのぽかぽかパワーで冷え対策 常備だれ『しょうがだれ』

しょうがだれ
しょうがだれを作りました(*≧∪≦)







図書館
こちらの本を見て、作りました。








しょうがだれ
しょうがのすりおろし 大さじ3

酒 大さじ4

醤油 大さじ2

味噌 大さじ2

みりん 大さじ3

を1分煮立てる。


●冷蔵庫で10日間保存可能








しょうがの効果



しょうがの辛み成分ジンゲロンは血行を促進して、新陳代謝を活発にし、体を温める効果があるので、冷え性を改善してくれます。


また、強い殺菌効果があるので、風邪の引き始めにも効きます


そのジンゲロンの有効成分は皮の部分に多く含まれるので、皮はむかずにタワシで汚れを落とす程度がおススメです。


しょうがのもう一つの辛み成分、ショウガオールは強い抗酸化作用を持ち、がん予防が期待されます


しょうが独特の刺激の香りが、食欲を増進し、胃を温めて消化を手助けしてくれます


加熱してとることで、抗酸化・抗炎症効果が高まります


代謝を上げて、脂肪を分解してくれるので、肥満予防にもイイです。


食物繊維も豊富なので、便秘を改善し、免疫力の向上にも期待されます







こちらのしょうがだれを使って、野菜や厚揚げになじませ、片栗粉をはたいて揚げれば即竜田揚げに。


大根おろしや豆腐ステーキ、焼き油揚げのかけだれとして使うのも、おススメだそうです。







私は


サラダのドレッシング


味付けなしの焼き魚にかけたり


しょうが焼きのたれとして、使っています。







お味噌の甘みと、しょうが独特の少しピリッとした辛みがクセになります(。>ω<。)ノ
















このエントリーをはてなブックマークに追加








人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他日記ブログ アラフォー女性日記へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment