はじめての乳酸菌作り  材料2つで、かんたん植物性乳酸菌『ザワークラウト』

美肌への道のりの為に、腸活生活に挑戦している私ですが






はじめて、ザワークラウトを作ってみました。






ザワークラウトとは


ドイツにおけるキャベツの漬物








効果


●植物性乳酸菌は胃酸に強く、生きて腸まで届きやすく、体への吸収も非常に良い。

●消化力・免疫力を高め、腸内環境を整える。

●高い抗ガン作用がある。

●クエン酸やビタミンC、食物繊維、胃腸を強くする効果があるキャベジンが豊富。

●発酵食品の「酵素」が非常に吸収の良い状態で摂れる。

●ザワークラウトに含まれる酵素は動物性たんぱく質の分解を促し、消化力を高める。








材料


キャベツ1/4

塩 小1






お塩は、母親から「高い良い、お塩をあげる。」と言われ、いただいたので






せっかくなので使ってみました。







ザワークラウト


ザワークラウト
こちらが、高い良いお塩です。
 
別名『セレブ塩』と名付けました。








粟国の塩


「粟国の塩 釜焚 500g」は、サンゴ礁の澄み切った海水を濃縮してつくられた、海のミネラル豊かな海塩です。

粟国(あぐに)島近のエメラルド色のサンゴ礁の海からくみ上げた海水を、高さ10mある採かんタワーに流します。

内部には15000本の竹枝がつるしてあり、その上から海水を流し、風と太陽熱で10日間、昼夜休みなく水分を蒸発させていきます。

さらに平釜で30時間薪を燃やして煮詰めたのち、脱水・乾燥に約2週間、約1ヶ月かけてできる海の結晶。

季節や天候により多少の色の違いがありますが、成分的には大きな違いはありません。

3人の学者と共に昔の復元ではなく、本来塩がどうあるべきかという観点から20年の研究の末、粟国の塩が誕生しました。

素材の旨みを引き出し、すべての料理・梅干・味噌・醤油などの加工食品とも相性の良い海の結晶。

また、にがり成分が多いために空気中の水分が入りやすく、湿って使いにくい場合は、フライパンなどで炒ったり、天日で干したりしてお使いください。

本品には20%前後のミネラル分が含まれています。






こんなに大事にされて、セレブ塩が作られたんですね。





作り方


①キャベツを千切りにする。

②ジップロックに千切りキャベツと塩を入れる。

③よく揉む。

④冷蔵庫に2日間置く。






ザワークラウト
細かい千切りの方が発酵が進みやすいそうですが、私の千切りはこれが限界。

葉の表面に乳酸菌が付いているので、キャベツは原則洗わない方が良いそうです。

でも私は心配なので、外側の葉を捨て、葉の表面だけサッと洗いました。


↓2日後


ザワークラウト
しなっとなった。







ザワークラウト
出来上がり。

薄いお漬物って感じかな。





私は毎朝、納豆を食べているので





ザワークラウト
納豆に入れてみました。

キャベツのシャキシャキ感が、おいしい。 






日を置くと、段々塩辛くなっていくので





納豆にお醤油をかけずに、ザワークラウトの塩気でそのままでも充分おいしく食べれます。






食べ終わった後のザワークラウトの汁は、天然の乳酸菌、栄養の宝庫です。





捨てずに、スープに入れておいしくいただきました。





簡単に作れておいしかったので、これからも作って腸の様子を見たいと思います。






いのちは海から粟国島近海海水100%使用!粟国の塩500g

価格:1,150円
(2016/10/9 14:33時点)
感想(16件)



セレブ塩、こんなにお値段したのね。

お母さん、ありがとう。




↓ポイント貯まります。






このエントリーをはてなブックマークに追加








人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment